小学生に対して創拓社出版が行う勉強法

###Site Name###


勉強の仕方は学年によって変わると言われています。
難易度だけでなく、その心構えや学習習慣なども変えないと、
成績を上げるのは難しいと言われています。
例えば、小学校1〜3年生くらいでしたら、
勉強を苦手と感じるお子さんはかなり少ないと思います。
しかし、小学校4〜6年に掛けて、
徐々に勉強が苦手になる子が増えてくると言われています。

勉強が苦手になるメカニズムは非常に簡単で、
分からない問題が出てくるからです。
そしてその分からない問題をそのままにしていくと、
以後の同じ教科はすべて苦手なままになります。
そして、分からない問題は自然に分かるようになりません。
病気のように、治療しないと決して治らないのです。

創拓社出版の役割は単純に、
分からない問題を分からせるようにすることです。
特に小学生の問題でしたら、そこまで深い理解力は求められていません。
ちょっと教えただけで直ぐに出来るようになります。
しかし、ちょっと教えただけでは直ぐに忘れてしまいます。
そこで創拓社出版は反復練習を大事にしています。
創拓社出版はその日に学んだことを学習度に応じて宿題を出します。
学校の宿題とは別に創拓社出版でも宿題が出るため大変ですが、
これによりしっかりと苦手な勉強を克服することが出来るのです。

小学校は中高のように中間テストや期末テストがありません。
代わりに単元ごとの小テストがたくさんあると思います。
また、順位も発表されないため、自分の今の実力が分かりにくいものです。
今の自分が本当はどれくらい出来ているか分からないと、
モチベーションは中々維持できないと思います。
創拓社出版で勉強して、しっかりと自分の成績を確認して、
モチベーションを上げてください。